BANKS(バンクス)、BANK NET(バンクネット)とは?

BANKS(バンクス)とは?

BANKS(バンクス)というのは、
都市銀行が提供する
共同オンラインキャッシングサービスのことをいいます。

 

BANKSは、Bank Cash Service の略です。

BANKS(バンクス)のメリットは?

BANKSというシステムがあるため、
都銀のキャッシュカードを持つ顧客は、

 

別のどの都銀に設置されたCD(現金自動支払機)
やATM(現金自働預入支払機)を使用しても、

 

自己名義の預金口座からの現金引出しや
同口座の残高照会を行うことができます。

BANKS誕生の経緯は?

BANKSは、1984年1月に、
都銀間で形成された
次の2つのCD・ATM共同利用サービスが
統合して誕生しました。

 

■SICS 
⇒ 1980年3月に都銀6行間で開始されました。

 

■TOCS 
⇒ 1980年4月に都銀7行間で開始されました。

 

なお、その後、BANKSは、
1990年2月には地銀と、
同年5月には第二地銀および信託銀行と、
同年7月には信金、信組、系統農協、労金と
提携したので、
都銀のキャッシュカードの利用範囲が広がりました。

 

スポンサーリンク

BANK NET(バンクネット)とは?

BANK NET(バンクネット)というのは、
マスターカード・インタナショナルが構築・運用する
国際オンラインネットワークシステムのことをいいます。

 

具体的には、オーソリゼーション業務、
決済業務を処理するオンラインシステムです。

汎用カードとは?

汎用カードというのは、
加盟店の範囲、種類が特定の店※に限定されておらず、
汎用性の高いクレジットカードのことをいいます。

 

※例えば、自社グループ内の店舗のみなどです。

 

スポンサーリンク