ノンバンク・バンク、ノン・リコースとは?

ノンバンク・バンクとは?

ノンバンク・バンクというのは、
米国の、次のような
銀行持株会社法上の定義を逆用して、

 

そのどちらか一方の業務を放棄することによって、
各種規制の適用を回避しつつ、

 

実質的に銀行業務を営むことをねらって
設立された金融機関のことをいいます。

 

⇒ 「銀行とは要求払預金業務および商業貸付業務を行う機関」

ノンバンク・バンクの種類は?

ノンバンク・バンクには、次のものがあります。

 

■コマーシャルバンク方式
コマーシャルバンク方式は、預金業務を放棄する方式です。

 

■コンシューマーバンク方式
コンシューマーバンク方式は、貸付業務を放棄する方式です。

 

ちなみに、実際には、
コンシューマーバンク方式の例が多いです。

ノンバンク・バンクが米国の金融業務に与えた影響は?

ノンバンク・バンクの発生は、
米国の金融業務の自由化を促進させました。

ノン・リコースとは?

ノン・リコースというのは、
「ウィズアウト・リコース」
ともいいますが、求償権のないことです。

 

つまり、信販会社の債権買取りのように、
リスク負担を債権買取り側で受け持つことをいいます。

 

スポンサーリンク