任意ゾーン、任意破産、根抵当とは?

任意ゾーンとは?

任意ゾーンというのは、
利息制限法の上限金利以上で、
出資法の上限金利以内の金利水準のことをいいます。

 

なお、貸金業規制法の規定により、
任意ゾーンの金利を支払った時は、
「有効な債務の弁済とみなす」(みなし弁済の規定)
としています。

任意破産とは?

任意破産というのは、
裁判所に対して、
自ら破産を申し出て
破産宣告を受けることをいいます。

根抵当とは?

根抵当というのは、
「根抵当権」
ともいいますが、

 

継続的取引契約に基づいて発生する、
不特定多数の債務(債権)についての
保証のことをいいます。

 

ちなみに、根質や根保証も含めて「根担保」といいます。

 

スポンサーリンク

抵当権と根抵当権

通常、抵当権が、
特定の債権を担保するのに対して、

 

根抵当権は、
増減反復して発生する債権を担保するため
「銀行取引によるいっさいの債権」
「手形・小切手上の債権」
のように、
被担保債権の範囲を画する必要があります。

消費者向けの根抵当権は?

消費者向けには、
住宅ローン融資に際して根抵当権を設定し、
ローンの返済が進み残高が減れば、
極度額まで自由に借入れができる
「住活ローン」
などに利用されています。

 

スポンサーリンク