建築設計図書とは?

建築設計図書とは?@

建築設計図書というのは、
建築確認申請で用いられた
各設計図や仕様書などをまとめたもので、
一戸建てにもマンションにもあります。

 

通常ですと、
モデルルームにも備え付けられています。

建築設計図書とは?A

もし、見せてもらえなかったり、
必要な図面が抜かれたりしている場合には
注意が必要です。

 

この建築設計図書は
難解な部分もありますが、
よく読んで契約前に
疑問点は確認しておくことが大切です。

 

もし可能であれば、
専門家に見てもらうのがベストです。

 

スポンサーリンク

建築設計図書の役割は?

建物の売買においては、
建築設計図書というのは
重要な役割を担っています。

 

特に「矩計図(かなばかりず)※」は、
次のような平面図だけでは
明らかにならない点が確認できます。

 

■天井 
■床下 
■屋根の高さ
■コンクリートの仕上げ方法 
■コンクリートの厚さ...など

 

そのほかに、土地の実測面積を記した
「実測図」
というのも大切な図面になります。

 

※建物の高さを表す図面のことです。

一戸建ての購入の際に受け取る図面等は?

一戸建てを購入し、
引渡しの際に受け取る
図面等には次のようなものがあります。

 

■仕上げ材の表 
■配置図
■建具表 
■電気・ガス・給排水・冷暖房の設備表...など

 

これらは、増改築や修繕のときに
必要になるものです。

 

スポンサーリンク