重要事項説明書のチェックポイントは?

重要事項の取引条件に対するチェックポイントは?@

重要事項の取引条件に対する
チェックポイントは次のようなものです。

 

■契約時に支払う手付金や手付金の保全措置
・購入代金以外に必要となるお金やその目的を確認します。
・手付金の保全措置の内容とそれを行う機関名を確認します。

重要事項の取引条件に対するチェックポイントは?A

■契約の解除について
・契約解除に関する項目とその記載内容について確認します。

 

■ローンが不成立になったときの措置
・損害賠償・違約金の内容とその記載について確認します。
・ローンに関する事項を確認します。
・通常、最後に記載されている「承諾事項」の内容を確認します。

重要事項の対象物件に対するチェックポイントは?

重要事項の対象物件に対する
チェックポイントは次のようなものです。

 

■登記簿に記載されている権利関係
・添付された登記簿謄本(登記事項証明書)が最新のものかどうか、謄本末尾のの作成日付で確認します。
・重要事項説明書に記載された内容が謄本と一致するかについて確認します。
・実測面積と登記簿面積が異なる場合がありますが、その両方が記載されているかを確認します。
・登記簿に抵当権が設定されているときは、抹消される時期と抹消の方法を確認します。

 

■購入物件を使用するうえで受ける法的な制限など
・物件が建築基準法や都市計画法などの法令に違反していないかを確認します。
・中古住宅の場合は、私道負担、セットバックの有無など法的な制限を確認します。
・電気・ガス・飲用水の供給施設や排水施設の整備状況などを確認します。

 

スポンサーリンク