重要事項の説明の聞き方は?

重要事項の説明をするのは誰ですか?@

不動産の売買契約においては、
契約を結ぶ前に
「重要事項の説明」※
が行われますが、これは
「宅地建物取引主任者」
が行います。

重要事項の説明をするのは誰ですか?A

これは、宅地建物取引業法に定められていて、
不動産会社が購入者に対して
一定の事項を書類(重要事項説明書と添付資料)
にして、

 

宅地建物取引主任者が
説明・交付しなければならないとされているからです。

 

説明の前には、写真のついた
主任者証が提示されますので、
まずは本人かどうか確認しましょう。

 

※略して「重説」ともいわれています。

重要事項説明書とは?

重要事項説明書は
一戸建てやマンションなど、
物件の種類によって内容が違います。

 

また、不動産会社によっても
表現や書式に若干の違いがあるのですが、
大きく分ければ次の2つで更正されています。

 

■対象物件に関する事項
■取引条件に関する事項

 

スポンサーリンク

重要事項の説明の聞き方は?

重要事項の説明というのは、
ときには専門用語を交えながら
1時間以上にわたる場合もありますが、
聞き流してはいけません。

 

もしわからない部分がある場合には、
納得できるまで質問することが大切です。

 

意味がよくわからないままに
契約書に捺印してしまい、
後でそんなことは知らなかったといっても、

 

契約後のトラブルは
解決が難しいですので注意してください。

 

なお、重要事項の説明は
売買契約の直前に行われることが多いですが、

 

事前にこの説明書のコピーをもらっておいて、
よく読んで
疑問点をメモしておくというのもよいかもしれません。

重要事項の説明後は?

重要事項の説明が終わって、
内容に問題がなければ署名・押印となります。

 

なお、この時点では
まだ契約は成立していませんし、

 

重要事項の説明を受けたからといって、
必ず契約を結ばなければならない
ということはありませんので覚えておいてください。

 

スポンサーリンク