不動産会社の広告と規模

不動産会社の広告のチェックポイントは?@

不動産会社が出している広告には、
次のようなその物件について
明記しなければならない特定の事項があります。

 

■再建築不可
■要セットバック

不動産会社の広告のチェックポイントは?A

なので、実際に物件を見て、
これらの事実を記載していない不動産会社については
避けたほうが無難でしょう。

不動産会社の規模による特徴は?

不動産会社というのは、その規模によっても、
性格や業務内容が異なります。

 

大手の会社が
広い地域にネットワークを持つのに対して、
商店街に店を構える個人経営の会社は
地域内の情報に強いなどです。

 

不動産会社の規模による特徴としては、
次のようなものがあげられます。

 

■大手不動産会社
大手不動産会社は、首都圏全域から地方都市まで、
広いエリアの情報をカバーしています。

 

また、グループに建設会社や分譲会社、
管理会社などの専門会社を持っている場合もあります。

 

■中規模不動産会社
中規模不動産会社は、
同じ沿線の各駅前にチェーン展開するなど、
特定の地域に集中しているケースが多いです。

 

なので、そのエリアの情報収集能力には長けています。
また、中古住宅売買を専門としているところも多いです。

 

■地元の不動産会社
地元の不動産会社は、商店街や駅前に店を構えています。

 

その土地で長い間商売をしていますので、
地元での信頼は厚く、
やはりその地域内の情報には強いです。

 

スポンサーリンク