不動産会社の担当者の注意点は?

信頼のおける担当者とは?@

不動産会社のチェックにつては、
業者名簿の閲覧だけでなく、

 

担当者の説明と広告の内容とで違っている部分はないか、
アフターサービスは充実しているか
などの客観的な条件についても確認します。

信頼のおける担当者とは?A

さらに、担当者の法律や
住宅ローンなどに対する知識、
経験や誠意なども注意して見ていきます。

 

担当者との信頼関係が結べないと、
マイホームの購入は
なかなかうまく進めることができませんので、
十分に見定めたいところです。

 

「早く決めないとすぐに売れてしまいますよ」
などと契約を急がせたり、

 

細かいことを聞かずに、
何かと安請け合いする担当者には
注意しなければなりません。

 

特に、設計図や重要事項の説明も
十分にしていないのに
捺印を強要するような場合には、

 

取引を見合わせるなど、
慎重に対応することが大切です。

 

スポンサーリンク

不動産会社の担当者の見定め方は?

不動産会社の担当者を見定めるポイントは、
以下のようなものです。

 

■情報を豊富に持っていること
⇒ 最新の情報を持っているか。
⇒ 他社の物件にも詳しいか。

 

■接客態度が丁寧なこと
⇒ 急がせたり、強引に契約を迫ったりしないか。
⇒ 客によって態度を変えたりしていないか。
⇒ 一般人にはわかりにくい専門用語ばかりを使わないか。

 

■無理な資金計画の提示をしないこと
⇒ 買い手の細やかな注文にも配慮してくれるか。

 

■質問への明確な回答
⇒ わからない質問でもごまかさずにきちんと調べて答えてくれるか。

 

スポンサーリンク