マイホーム購入の際の不動産会社とのかかわり方は?

マイホーム購入の際、不動産会社はどのようにかかわるのですか?@

不動産の購入というのは、
一生のうちにそう何度もあるものではないですから、

 

物件選びについては、
特に慎重に行いたいところです。

 

マイホームの購入にあたっては、ケースによって
以下のように不動産会社がかかわります。

マイホーム購入の際、不動産会社はどのようにかかわるのですか?A

<新築マンション・建売住宅のケース>
■売り主(デベロッパー等) 
⇒ 買い主

 

■売り主(デベロッパー等) 
⇒ 販売会社※ ⇒ 買い主
※取引態様は代理・媒介

 

<中古マンション・中古一戸建てのケース>
■売り主(個人) 
⇒ 仲介会社※ ⇒ 買い主
※取引態様は代理・媒介

 

このとき、販売会社や仲介会社の取引態様によっては、
仲介手数料がかかるかどうか、などが関係してきますので
注意が必要になります。

 

さらに、これに新築住宅であれば、
設計会社や施工会社、工務店が、
また、マンション購入後は
管理会社とのやりとりが生じるこになります。

 

スポンサーリンク

取引態様とは?

以下の取引態様については、
不動産広告で確認することができます。

 

■売り主
不動産会社などが所有する物件を直接販売します。
仲介手数料は発生しません。

 

■代理
売り主から代理権を取得した不動産会社が物件を販売します。
原則として、仲介手数料はかかりませんが、
「販売提携(媒介)」とあれば支払うこともあります。

 

■媒介(仲介)
売り主と買い主の間に不動産会社が入り契約を成立させます。
仲介手数料がかかりますが、
仲介会社が直接手付金などを請求することはありません。

 

媒介の契約方法によっては、
以下のように表示されることもあります。
・販売提携(媒介)
・媒介(専任)
・媒介(専属)

 

スポンサーリンク