中古住宅の抵当権の確認

中古住宅の抵当権の確認とは?@

中古住宅を購入する際には、
その物件に抵当権がついていないかどうかを
登記簿で確認してください。

 

住宅ローンで、
マイホームを購入する場合には、
通常、債権者(金融機関等)によって
抵当権が設定されます。

中古住宅の抵当権の確認とは?A

抵当権のついた物件というのは
そのまま売買することができませんので、

 

売り主は、物件の引き渡し前までに、
残っているローンを全額返済して、
抵当権の抹消をしなければならないからです。

抵当権の抹消の方法は?

一般的に抵当権を抹消する方法としては、
売買代金決済日に債権者を同席させて、

 

買い主が売買代金のなかから
売り主の借入金残高分を直接債権者に渡して、
抵当権の登記を抹消する書類を
受け取るという方法がとられているようです。

 

スポンサーリンク

フラット35返済中の建て替えは?

中古一戸建てについて
フラット35を利用する場合には、
土地と建物一括で融資額が決められています。

 

よって、もし、購入後、
借入金の返済が終わっていないうちに
建て替えをする場合には、

 

原則として、
残りのローンは一括返済となります。

土地を手に入れるつもりで中古住宅を購入する場合は?

なお、土地を手に入れるつもりで
中古住宅を購入する場合には、
最初に建物を取り壊し、

 

土地だけにしてから
新規に借り入れするという方法もあります。

 

スポンサーリンク