提携ローンを利用するには?

提携ローンとはどのようなものですか?@

提携ローンは、
金融機関と提携している業者の販売物件を
購入する人のために用意された住宅ローンです。

 

ここで、提携している業者の販売物件というのは、
金融機関と住宅販売業者(不動産会社)、
信用保証会社などの間で、前もって
保証契約が締結されている物件のことをいいます。

提携ローンとはどのようなものですか?A

よって、提携ローンの場合には、
物件の購入が決まると、
通常必要な面倒な手続きなども不要で
直ちに融資が実行されることになります。

 

ただし、提携ローンは、
業者が売りにくい物件を
売りやすくするために行っているケースも多いので、
利用するにあたっては慎重になりたいところです。

提携ローンを利用するにはどうしたらよいのですか?

提携ローンは、
一般に融資条件が明示されていますから、
物件の購入を希望している場合は
その条件を満たしていれば融資を受けることができます。

 

スポンサーリンク

提携ローンのメリット・デメリットは?

提携ローンのメリット・デメリットとしては
以下のようなものがあげられます。

 

■提携ローンのメリット
提携ローンですと、
通常は融資率が80%のところが、
90%前後、100%可能などというケースもありますので、

 

融資が受けやすく、
自己資金の少ない人でもマイホームを購入できます。

 

■提携ローンのデメリット
提携ローンの場合には、
あらかじめ金融機関が決まっているとか、
購入できる物件が限定されているといったことがあり、
自分で自由に選択できません。

一般的な住宅ローンのメリットはどのようなところですか?

一般的な住宅ローンの場合には、
自分で購入したい物件を決めて、
直接民間金融機関の窓口に申し込みます。

 

その際、以下のような審査を通って
はじめて融資が実行されます。

 

■金融機関が保証を委託する信用保証会社に審査を依頼
     ↓
■担保となる物件の審査・査定
     ↓
■申込者の返済能力や信用力などの審査

 

上記のような手続きには、
それなりの時間がかかりますが、

 

利用者側からすると
金融機関は自由に選択できますし、
金融機関との取引状況を活用して
有利な条件で融資を受けることもできるというメリットがあります。

 

スポンサーリンク