3,000万円特別控除と買い換え特例の重複は?

3,000万円特別控除と買い換え特例は重複して受けられますか?@

3,000万円特別控除と買い換え特例は、
重複して受けられません。

 

これは、買い換え特例が、
同一物件については、
「3,000万円の特別控除の特例」「住宅ローン控除」
「所有期間10年超の居住用財産の特例」
などと、

 

併用して適用することができない
ということになっているからです。

3,000万円特別控除と買い換え特例は重複して受けられますか?A

なので、住宅の買い換えの際には、
3,000万円特別控除と買い換え特例のうち
どちらかを選んで適用を受けることになります。

 

スポンサーリンク

3,000万円特別控除と買い換え特例ではどちらを選択すのが得ですか?

買い換え物件が、
現在の住宅の売却価格と同等、
またはそれ以上の高い物件の場合には、

 

その時点では、税金が課税されない
買い換え特例の方がメリットがあります。

 

ただし、買い換え特例というのは、
非課税制度ではなく、
あくまでも次の住宅を売却するまで
課税を繰延べる制度ですので注意してください。

 

将来、買い換え物件を再度売却すると、
高い税金がかかることもあるということです。

買い換え物件がマイホームの売却価格より安い場合はどうなりますか?

買い換えする物件が、
現在のマイホームの売却価格よりも安い場合には、
買い換え特例では
差額に20%の税金が課税されることになります。

 

なので、現在のマイホームの価格よりも、
買い換えする物件の価格の方がかなり安い場合には、
節税効果は期待できません。

 

こうしたケースでは、
その時点で税金が清算されることもあり、
所有期間10年超の居住用財産の特例や
3,000万円の特別控除の方が有利といえます。

 

スポンサーリンク