転勤で住宅を他人に貸したら?

転勤になったので、マイホームを他人に貸すことを考えています…@

転勤や親との同居のために、
現在住んでいる住宅を他人に貸すという場合には、
不動産所得を得ることになると思われます。

 

ただし、この不動産所得には
税金がかかりますので注意が必要です。

転勤になったので、マイホームを他人に貸すことを考えています…A

不動産所得というのは、不動産収入
(礼金、家賃、更新料など)
から必要経費を差し引いた所得のことですが、

 

これが黒字の場合には
所得税と住民税が課税されることになります。

保証料や敷金はどのように取り扱われるのですか?

保証料や敷金というのは、
住宅を借りた人から預かっているだけのお金ですから、
住宅を貸した人の所得にはなりません。

 

よって、当然のことながら、税金もかかりません。

不動産所得の必要経費にはどのようなものがありますか?

不動産所得の必要経費として
含めてよいとされているものには、
以下のようなものがあります。

 

■貸している建物などの修繕費、火災保険料
■貸している建物と設備の減価償却費
※取得時の価値が毎年減少する分を換算します。

 

■管理人などの人件費
■住宅ローンの利息
■固定資産税、都市計画税など、貸している不動産にかかる税金

 

スポンサーリンク