自治体融資の注意点は?

自治体融資で注意するところは何かありますか?@

自治体融資の利用を検討している場合には、
抵当権の取り扱いに注意したいところです。

 

抵当権というのは、
公的融資や民間融資にかかわらず、
住宅ローンを組む際には、設定する必要があります。

自治体融資で注意するところは何かありますか?@

しかし、この抵当権について、
公的融資との関係において、

 

自治体融資の規定では
以下のように規定していることが多いので
注意が必要になります。

 

「融資物件に第1順位の抵当権を設定します。ただし、住宅金融支援機構を債権者とする抵当権は、先順位とすることができます。」

抵当権について、民間融資との関係についてはどうなっているのですか?

民間融資との関係については、
その自治体や
民間金融機関によって異なりますので、
利用する前に調べておく必要があります。

自治体融資が自治体ごとに異なるのはなぜですか?

自治体融資が自治体ごとに異なっているのは、
その自治体の政策が反映されているからです。

 

具体的な例としては、
有料木造住宅や地震対策が行われた住宅に
優先的に融資を行う自治体では、

 

建築される住宅の質の向上が
政策の目的になっていたりします。

 

もちろん、自治体の政策ですから、
そこの住民のニーズに沿ったものである必要はあるのですが、

 

自分の住んでいるところの自治体が
どのような住宅政策を行っているのか
ということを調べてみるのもよいかもしれません。

 

スポンサーリンク