附属設備はマイホームの取得価額に含まれる?

附属設備はマイホームの取得価額に含まれるのかについて

附属設備というのは、
いわゆる取付工事費用であったり、
電気設備等のことをいうのですが、

 

住宅ローン控除の計算の際に
これらの取得価額を
住宅等の取得価額に含めてもよいものなのでしょうか?

住宅ローン控除の計算方法

住宅ローン控除額は、
住宅等の取得等※に係る
その年12月31日における
住宅借入金等の合計金額を基にして計算します。

 

このとき、住宅ローン等の合計金額が
住宅等の取得等の額を超える場合には、
住宅等の取得等の額を基にして計算することになります。

 

※住宅の新築・購入(一定の敷地の購入を含む)や増改築等のことです。

では、附属設備はどうなるのか?

マイホームを新築したり購入する場合に、
それと一体として取得した
以下のような附属設備の取得価額については、
住宅等の取得価額に含めて計算します。

 

■衛生設備
■給排水設備
■電気設備
■ガス設備...等

 

なお、 上記のものについては、
増築、改築、大規模の修繕、
大規模の模様替えの工事と併せて行う

 

その住宅と一体となって効用を果たす、
設備の取替えや取付けに係る工事費用についても、
住宅等の取得価額に含めることになります。

 

スポンサーリンク