年末残高証明書が年末調整に間に合いそうにない…

年末残高証明書が年末調整に間に合いそうにない場合について@

昨年、確定申告をして、
住宅ローン控除を受けたので、
本年は、年末調整で
住宅ローン控除を受けようと思っているのに、

 

「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」
の交付が間に合いそうにない・・・
こんな場合はどうしたらよいのでしょうか?

年末残高証明書が年末調整に間に合いそうにない場合についてA

そもそも
「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」
という書類は、

 

年末調整に間に合うように、
年末残高の予定額を基にして
作成・交付されることになっています。

 

とはいっても、何らかの事情によって
年末調整に間に合わないといったこともあり得ます。

 

ですから、
もしそのようなことになってしまったら、
確定申告をすることによって、
住宅ローン控除を受けてください。

 

なお、
「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」
の交付が
翌年の1月31日までに受けられた場合には、

 

その証明書を給与支払者に提出して
年末調整の再計算を受けることも可能です。

 

スポンサーリンク

「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」の発行について

「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」
は、
確定申告をする時や
年末調整を受ける時までに、

 

住宅の新築・購入(注1)対価や増改築等の費用に係る
住宅借入金等の債権者(注2)に
交付申請をする必要があります。

 

とはいっても、債権者によっては、
納税者が年末調整のときに、
住宅ローン控除が受けられるように、

 

予定額によって、
住宅借入金等の年末残高を作成しています。

 

この場合は、毎年11月下旬〜12月上旬頃までに
納税者に送付することにしているようです。

 

ただし、これはあくまで予定額を基にして計算したものですので、
実際の金額と異なることは当然あるわけです。

 

そういった場合はどうしたらよいのでしょうか?

 

その場合は、原則、その年12月31日を経過した時点で、
実際の残高に基づいて作成された
証明書の再交付を受けるようにして下さい。

 

もし、このときに年末調整を受けている場合には、
年末調整の再計算を受けなければなりません。

 

(注1)一定の敷地の購入を含みます。
(注2)住宅ローンの融資を受けた金融機関等のことです。

 

スポンサーリンク