共有住宅の新築とは?

共有住宅の新築について

マイホームを新築したり購入した際に、
その名義を共有にしている夫婦もいらっしゃるかと思います。

 

ここでは、夫婦で、共有住宅を新築した場合の
住宅ローン控除の取り扱いについて
事例を用いてみていきたいと思います。

事例で検討

<夫婦共有住宅の事例>
■夫の単独所有の土地購入代金は5,000万円
■土地購入に係る借入金の年末残高4,000万円は夫の単独債務
■夫婦で2分の1ずつの持分の住宅の新築代金は3,000万円
■夫婦で2分の1ずつの持分の住宅の新築に係る借入金の年末残高は3,000万円

 

では、住宅ローン控除の適用要件、
例えば、借入金の償還期間が10年以上であるというような
一定の要件を満たしていることを前提にして、

 

土地の購入に係る借入金と
住宅の新築に係る借入金にそれぞれ分けて考えていきます。

 

スポンサーリンク

住宅の新築についての借入金について

夫婦がお互いに、
住宅借入金1,500万円ずつ
宅ローン控除を受けることができます。

土地の購入についての借入金について

事例の場合では、夫婦間の住宅の持分は、
それぞれ所有権としての性質を持った独立した権利です。

 

しかしながら、これらは
用途上不可分の関係にありますから、
購入した土地というのは全て敷地にあたります。

 

従いまして、敷地の中で
居住用に利用する部分がなければ、
夫は住宅ローン4,000万円について
住宅ローン控除が受けられるということになります。

 

結局、事例の場合では、住宅ローン等について
それぞれ以下のように
住宅ローン控除を受けることができるということになります。

 

■夫・・・5,500万円(4,000万円+1,500万円)
■妻・・・1,500万円

 

スポンサーリンク