父親の住宅にリフォームとは?/財産分与で住宅を取得したら?

父親所有の住宅をリフォームしたら、住宅ローン控除は受けられるの?@

今回は、父親所有の住宅に
金融機関から借入れをして、リフォームした場合に、
住宅ローン控除は受けられるのかということですね?

 

そもそも住宅ローン控除の対象になる
住宅の増改築等というのは、
次の2つの要件を満たしていなければなりません。

父親所有の住宅をリフォームしたら、住宅ローン控除は受けられるの?A

■自分が居住用に使用していること
■自己所有であること

 

なので、父親の所有している住宅ということですから、
自己所有の住宅への増改築等
という要件を満たさなくなってしまいます。

 

よって、 このようなケースについては
住宅ローン控除は受けられません。

 

スポンサーリンク

財産分与で住宅を取得した場合について@

近年離婚が増えていますので、
離婚によって住宅を取得するケースもあるでしょう。

 

このような住宅取得の場合、
住宅ローン控除は受けられるのでしょうか?

 

では、次のケースで検討してみたいと思います。

■今年離婚し、前の夫所有の住宅を財産分与で取得
■住宅は住宅ローン付築後4年5か月で債務は800万円
■A銀行との金銭消費貸借は、借入金800万円、償還期間15年

財産分与で住宅を取得した場合についてA

まず、次のような場合は、
中古住宅を取得しても
住宅ローン控除が受けられませんので注意が必要です。

 

■中古住宅を贈与によって取得した場合

 

■中古住宅を取得する際にその取得する人と生計を一にしていて、
取得後も引き続き生計を一にする親族等からの取得

 

上記2つに該当する場合には、
中古住宅を取得しても、
住宅ローン控除は受けられませんが、

 

上記のケースでは
中古住宅は財産分与によって取得したものですから、
贈与によって取得したものには該当しません。

 

また、既に離婚していますので、
生計を一にする親族等からの取得にも該当しません。

 

従いまして、本ケースの場合は、
住宅を取得した場合のその他の要件を満たしていれば、
住宅ローン控除を受けられるということになります。

 

スポンサーリンク